家庭用と事業用の違い

固定買取制度の区別によって10kW未満を「家庭用」10kW以上を事業用と区別しています。
システム自体は同じものですが、全量買取の場合は系統連系の方法が違いますので
注意が必要です。又、50kWを超えるシステムの場合は高圧連系の必要がありますので
システム自体が大きく変わります。

家庭用パネル

家庭用パネル

事業用パネル

事業用パネル

導入のメリット

家庭

光熱費ダウン

光熱費ダウン日中、太陽光で発電した電気はパワーコンディショナーを通してまずは、家庭で消費されますので、すべてをその電気でまかなう事ができれば電気代は必要ありません。

ちょっとしたお小遣い

余った電気は電力会社へ売る事ができますので、ちょっとしたお小遣い程度は毎月電力会社より振込まれます。

ちょっとしたお小遣い

災害時にも安心

illu5一般的な家庭用パアーコンディショナーには「自立運転機能」が備えられていますので、発電した電気をそのまま利用する事が可能です。(一般的なパワーコンディショナーは1.5kWまで)

断熱効果で夏は涼しく、冬は温かく

illu6以外と知られていませんが、屋根や屋上に敷かれたパネルが直射日光を遮る事となります。素材や形状によって影響はさまざまですが、夏は遮熱効果、冬は断熱効果により光熱費も節約できます。

1 / 212