家庭用と事業用の違い

事業

工場・倉庫・店舗の屋根や商店街のアーケードを有効活用

土地や屋根の有効利用は、太陽光発電の大きな強みです。
遊休地や工場・倉庫・店舗の屋根に太陽光発電設備を設置し、売電収入を継続的に得る事で

収益源のひとつにする事ができます。

・安定した収益の確保

illu7

固定買取制度により20年間の安定した収入が確保できます。

・減税効果

「グリーン投資減税」という優遇税制がご活用いただける場合がございます。
当制度は省エネ設備や再生可能エネルギー設備への投資を支援する制度です。対象となる法人または個人が所定の条件を満たし、かつ取得した設備を1年以内に事業の用に供した場合に取得価額の全額を即時償却(100%償却)することができます。あるいは普通償却に加えて取得額の30%償却、もしくは設備取得価額の7%相当の税額控除といった優遇措置を選択することも可能です。
(※詳しくは、資源エネルギー庁のホームページをご覧下さい。)

・室温上昇の防止

屋根にパネルを敷き詰める事で直射日光を遮り、パネルの下の室内温度の上昇を抑える効果があります。

マンションや集合住宅街の屋根の有効活用

・環境貢献

aaillu8

マンションの屋上や遊休スペースに太陽光発電システムを導入する事で、マンション内の電力の消費の一部は「自然エネルギー」でまかなう事となります。
環境に優しい次世代型の集合住宅が生まれます。

・収益性

売電事業はは長期にわたって、安定的な収入となります。
入居者負担の管理費や積立金の負担を軽減してくれます。

・災害時の利用

日中発電していれば、非常用の電源として利用する事が可能です。
又、蓄電池等を上手く組み合わせる事で、非常災害時でも安心した

暮らしが確保されます。